2009年03月08日

そろばんについて

そろばん(算盤、十露盤など)とは古典的な計算補助器具である。

世界には多種多様なそろばんがあるが、現在では日本で開発されたものが世界的に普及している。
珠を移動することにより計算するため、そろばんによる計算を珠算(しゅざん)という。

そろばんは珠(たま)、枠(わく)、芯(軸ともいう)を組み合わせて作られる。珠は樺や柘、枠は黒檀、芯は煤竹(すすたけ)のものが一般的であるが、原材料が入手しにくくなってきているため、廉価なものでは積層材が使われることもある。


ラベル:そろばん
posted by そろばん at 19:15| Comment(55) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。